いしい正英blog

前厚木市議会議員 いしい正英のブログです。
健康厚木市を目指して、日々活動しています。

2014年09月

アミューあつぎとの相乗効果はなかったのか?イオン厚木店一部撤退のうわさ

 イオン厚木店の一部フロアーが撤退するといううわさが、頻繁に聞かれるようになりました。一部政治家からも公の場で発言がありました。具体的には4階から6階までのフロアーから撤退し、地下から3階までとするというものです。事実とすればショッキングな話です。
 一方、4月末にオープンしたお隣の「アミューあつぎ」では、8月末までの約4ヵ月間の来館者数は、なんと120万人と発表されました。厚木市議会9月定例会で沼田議員の質問に答えたものです。平均1日約1万人という計算になります。最初の2ヵ月で45万4千人と市長は発言されていますから(Best Partner 10月号 P.16)、7月と8月の2ヵ月間で約75万人の来館者があったことになります。開店セールでにぎわった最初の2ヵ月よりもはるかに多い来館者数という不思議に思える人数です。
 それはそれとして、120万人もの来館者があるのであれば、当然その一部はお隣のイオンにも立ち寄り、買い物などされるのではないでしょうか。そうなれば一部撤退というようなことも考えにくいように思うのですがいかがなものでしょう。
 丸井、志澤、忠実屋、長崎屋、パルコなど大規模商業施設が撤退し、またまた一部とはいえイオンが撤退する事態は残念でなりません。イオンの入っているガーデンシティービルは厚木市も出資しています。今からでもなんとか食い止める手立てがないのか真剣に検討して頂きたいものです。イトーヨーカ堂のうわさとともに杞憂に終わることを念願しています。

あつぎアートギャラリー

井上純氏展-2キスマサイ虹の会展3輝く生命の絵画展3「アミューあつぎ」がオープンして4カ月半が経過しました。商業施設の客入りがあまりよくない、という市民の声をたくさん耳にします。私もそのような印象を持っていますが、先日の厚木市議会でも利用状況などの質問が複数の議員から出されていました。

一方で5階~7階にある市民交流プラザは他の施設の貸会議室等が閉鎖されたこともあり、にぎわっています。特に5階にある「あつぎアートギャラリー」はイオンの7階にあった市民ギャラリーより使い勝手もよく、さまざまな展覧会が開かれています。4部屋あることから目的の展示だけでなく、同時に開催されている他の展示も見ることができます。相乗効果で来客も多いと思います。
井上純氏による『公開作業場展』など今までになかった試みもあります。利用料が高い、という意見はありますが、芸術文化の発信場所として今後も期待でき、楽しみです

再び本厚木駅前にある『若い力』像について

若い力像2若い力像1厚木市は昨年、「文化芸術振興条例」を制定しました。その厚木市の表玄関、本厚木駅北口にあるこの像の前に、遮るように横断幕があります。この横断幕には厚木市のアピールやイベントの広告などが次々と掲げられています。しかもこの幕を設置している簡易な掲示板は、ガードレールにポールを立てて、高くされています。つまり写真のように像の全体は見えなくなっています。
 作者の難波孫次郎氏に失礼だし、文化芸術を振興しようという街のすることとは思えません。早急に取り外して頂きたいものです。せめてガードレールの高さまで下げて下さい。ススキの際にはすぐに対応して頂けたので、今回も期待しています。
プロフィール

いしい正英

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード